X51.ORG : 1735年ドイツ、チキンマンの謎
HOME > X-FILES > Article

1735年ドイツ、チキンマンの謎

chickenman.jpg【LLEWELLYN】高さ十六センチのホルムアルデヒドで満たされた瓶の中で、あまりにも特異な存在感を放つ創造物はドイツのウォルデンブルグ博物館のなかで既に二百六十八年の時を過ごしている。「チキンマン」と呼ばれる瓶の中の存在は、ドイツ最大のミステリーの一つとして様々な憶測を我々に投げかける。それは単なるカエルだったのであろうか? それとも、何らかの地球外生命体に遺伝子操作をうけ、失敗として遺棄された驚くべき証拠なのであろうか?

違う言葉で言い換えるならば、この存在は地球人と地球外生命体のハイブリッドなのであろうか?

千七百三十五年、ドイツにて当時二十八歳のジョアンナ・ソフィアは人生四人目の子供を妊娠した。それまでに彼女は三人元気な子供を出産していたが、四人目の子供は恐るべき異形の胎児であった。

事件の一部始終を目撃したゴトリエブ・フリードリヒ博士は、未来の同胞にこの存在の解明を委ねるため直ちに胎児をホルムアルデヒド漬けにして保存し、検死解剖を経てから三百二十一ページに及ぶ母親の病歴などを含んだ書ける限りのレポートを残した。

レポートによれば、出産時ソフィアが結婚していたのは猫背の男であり、また彼女は背が低く、寸胴で、癇癪と鬱病的な傾向をもっていたという。しかし、これをもって、この原因を説明することはおそらく不可能であろう。

違う記述によれば、その出産は奇妙なもので写真の通り、胎児は非常に大きく、出産には実に七時間を要したという。

フリードリヒ博士は将来にこの奇妙な出産を伝えるために、検死解剖の前に素早く図面を描けるものを自腹で雇い、全体の素描をさせたという。そして検死解剖の最中に博士はたくさんの不思議な点を発見し、いくつかの記述を残した。

一つにはまず巨大な頭部 ― それは脳水腫ではない ― である。それは腫瘍のように巨大に肥大した頭部の内部は全て脳みそで満たされていた。また心臓と肺にも異常が見られ、特に心臓には通常の心膜が見られず、“非常に薄い膜組織“で覆われていた。

さらに内臓器官だけでなく、骨組織もかなり特殊で人間のものとは大きく異なっていた。非常に短い腕 ― 通常の人体は尺骨ととう骨からなる ― と、同じく非常に短い足 ― 通常は腓骨と脛骨からなる  ― は通常の人体とは異なる二本の骨からなり、膝には膝蓋が見られなかったと、博士は書き残している。チキンマンと言われるこの奇怪な胎児は、その瞳を開けたまま、瓶の中から我々を見つめたままである

【参考】博物館の画像など | レポート、画像など(独語)

【関連】エレファントマンの謎を解明 英 | 体内で昆虫が孵化した少年

2003.10.05

HOME > X-FILES > Article
SEE ALSO
;
COMMENTS in Facebook
COMMENTS (4)
1.  1140  2005/07/16 16:24:37 [RES↓] [TOP↑]

なんじゃこるあぁ~~
ビックリだ。

2.  匿名  2005/07/20 16:04:24 [RES↓] [TOP↑]

エイリアンだな
チキンマンには見ないがな・・・
なんで育てなかったんだろう?

3.  匿名  2005/08/25 16:45:53 [RES↓] [TOP↑]

謎だ・・・

4.  匿名  2005/11/30 14:48:36 [RES↓] [TOP↑]

中国に行ったときの、赤ちゃんのホルマリン漬けを思い出した。。

PAGE TOP | HOME | CATEGORY:X-FILES

X51.ORG

CATEGORY

SEARCH

ARCHIVES


;
HOME | EARTH | ANIMA | ANAL | ENEMA | FILES | CONTACT | RSS

2003 - 2014©X51.ORG RIGHTS RESERVED.