X51.ORG : ミリン・ダヨ — 不死身の身体を持つ"奇蹟の男"
HOME > X-FILES > Article

ミリン・ダヨ — 不死身の身体を持つ"奇蹟の男"

mdajo1.jpgTime.com/etc】1947年6月23日、米タイムス紙上に奇妙な記事が掲載された。空飛ぶ円盤の話ではない(※)。『奇蹟の男(Miracle Man)』そう題打たれて紹介されていたのは、とあるオランダ人の男の話だった。記事は次のようにはじまる。「苦難の時、"奇蹟の男"は兆しと驚きを示すため、メッセージを携えてやってくる。先週から、スイスのチューリッヒは"奇蹟の男"の話題で持ちきりだ。毎晩毎晩、コルソにある町一番の音楽ホールでは、35歳のオランダ人が観衆たちを魅了しているのだ。男の名はミリン・ダヨ。その奇蹟の男は毎晩ステージの上に立ち、剣やら槍を、生きたまま胸に突き立てているというのだ!」

「”私は芸術家ではない。預言者である。神を信じるのならば、自分の身体を支配することが出来る。はじめは誰も私の言葉を信じようとしないが、この不死身の身体を見て、人々は私の言葉を信じるのだ。”そう語るダヨのショーは、大成功を納めているようだ。しかし問題もある。それは代金を支払う前に卒倒してしまう観客が絶えないことだ。」

※ケネス・アーノルドが世界で初めて"空飛ぶ円盤"を目撃したのは、翌6月24日(1947)のことである。

今日、このミリン・ダヨの名を覚えている者はほとんどいない。それは彼という"現象"が、今から60年程前、スイスとオランダというごく局所的な地域で起きた、たった二年余りの”出来事”だったからだ。1947年当時、彼の存在は"第二の救世主"などとしてメディアに大々的に報じられたが、それは極めて限られた範囲での話題だったのだ。当時、ダヨのパフォーマンスを目の当たりにした目撃者の一人は、ダヨの事を次のように回想する。

「ミリン・ダヨは上半身裸のまま、部屋の真ん中に静かに立っていた。すると彼の後ろに立っていた助手がダヨの背後に近寄って、力任せに背中へ剣を突き立てた。丁度彼の腎臓のあたりだった。みんなただ息を飲んだ。実験に経ちあった医師も、生徒たちも、ただ口をポカンと空けていた。疑いようもなく、確かに長さ80cmの剣(フェンシング用のフルーレ)が、彼の背中から突き刺さっていたんだ。その先端は手幅より長く、彼の胸から突き出していた!でも血は一滴も流れていなかった。実験に立ちあった医師たちもこんなことは一度も見たことがない、という様子だった…。」

【実際に行われていたダヨのパフォーマンスの様子】

医師たちのテスト

丁度ユリ・ゲラー(スプーン曲げで知られる超能力者)が科学者たちのテストを受け続けたように、ダヨも幾度となく、医師たちによってテストされた。しかし何も、彼は自分の能力を医師に認めさせたかったわけではなかった。理由はただ一つ、パフォーマンスを続けるための許可を、医師から取り付ける為であった。スイス人医師ハンス・ネジェリ・オスホードは1947年5月31日、ダヨをチューリッヒ・カントナル病院に招待し、同僚のワーナー・ブルナー(同病院の外科手術主任)、多数の医学生やジャーナリストと共に、彼の検査を行った。ダヨがまず上着を脱ぐと、いつものように彼の助手が後ろから剣を突き刺した。剣はダヨの心臓、肺、腎臓を貫いた。しかし当然のように、ダヨの身体からは出血もなく、また痛みを感じる様子もなかった。

mdajo6.jpg続いて、医師が剣を突き刺した状態でのX線検査を申し入れると、ダヨは快く応じた。一体どのようにしてダヨをX線検査室へと連れていくべきか医師が考えていると、ダヨは何の苦もなく剣を刺したまま歩き始めたという。X線検査が行われた結果、ダヨの身体に剣が突き刺さっていることは、もはや疑いようのない事実であることが確認された。剣は確かに、彼の幾つかの臓器を貫いていたのだ。ところがダヨには、剣が突き刺さったことによる肉体的な影響も、内臓へのダメージも見受けられない。結局医師たちは検査を終えても首を傾げるばかりだった。

検査が終わり、助手が剣を身体から抜き取ろうとすると、医師たちは慌てふためいた。剣が突き刺さっている今ならばまだしも、剣を引き抜いた直後に、大出血が起きるのではないかと考えたのである。しかし医師たちの目の前で奇蹟は — それはダヨにしてみれば、日常だったが — 再び起きた。助手がゆっくりと剣を引き抜くと、身体には小さな傷跡だけが残されただけで、出血はまるでない。ただ極少量の体液が傷跡から滲んでいるのみだった。医師たちはその小さな傷跡を丹念に消毒したが、ダヨにとってみれば、それは全く無駄なことだった。傷から感染症にかかったことなど、一度もなかったからだ。

ダヨのパフォーマンスはチューリッヒに留まらなかった。彼はバーゼルやベルンに赴き、そこで医師たちに請われるまま、医学会のステージに立った。時にダヨは、医師たちに剣を手渡し、背中から剣で突き刺すよう要求したこともあった(その様子はフィルムで撮影もされ、2003年アムステルダムで開催されたフロンティア・シンポジウムの時にも公開された)。当時のフィルムを見ると、顔を背けたままダヨに剣を突き刺す医師の姿が映し出されている。それは、ダヨが医師たちに向けて"催眠術"を使うことを恐れていたためだとも言われるが、むしろ、単に自分の行為を直視出来ず、目を背けていたのかもしれない。こうして、ダヨはまさに自らの身体をもって、人々の可能ー不可能という常識の境界線を突き破ったのであった。

ミリン・ダヨ

mdajo7.jpgミリン・ダヨ(本名:アーノルド・ヘンスケンズ)は1912年、オランダのロッテルダムで生まれた。若い頃は"ノル(Nol)"の愛称で呼ばれ、デザイン会社のチーフになるなど、早くから様々な才能を発揮させたが、20代のうちは言わば普通の人と変わらない、平凡な日々を送っていた。しかしそんな仕事を続けている一方で、ダヨは度々奇妙な体験をするようになっていった。

ある晩のこと、ダヨは故人である姪のビジョンを見るようになり、彼女の姿をスケッチした。またある時から故人の伯母の姿を見るようになり、その姿を描き出したこともあった(その伯母は生涯南アフリカで暮らし、ダヨは一度も会ったことがなかったが、後に写真と照合したところ、うり二つであったという)。朝、ダヨがベッドで目を覚ますと、シーツやダヨの寝巻きが、絵の具で汚れ、スタジオが散らかっていたこともあった。本人は気づかないまま、まるで眠っている間に絵を描いていたかのようにである。ただし、こうした現象はしばしば聞かれるものであり、特に珍しいものではないのかもしれない(特に”芸術家”と呼ばれる人々にとっては)。しかし、そんな生活を続け、33歳になったばかりのある日、ダヨに決定的な転機が訪れた。ダヨは自分の身体が、何者にも傷つけることのできない、"不死身"の身体になっていることに気がついたのである。

ダヨ自身、はじめはこの自分の身体の変化にひどく動揺したに違いない。毎晩起こる奇妙な体験、そして日頃のデザイン会社での重責から、心理的に不安定な状態となり、自分が奇妙な妄想に至っているのではないかと不安になった。こんな事を家族や人に喋ったところで、誰も信じてくれようもないことは明らかだったからだ。一体世間にこの事実を知ってもらうにはどうしたら良いのか?ダヨは考えた末に、仕事を辞めることにした。そして単身、アムステルダムへと渡ったのである。

mdajo5.jpgアムステルダムで暮らし始めたダヨには、まず何より金が必要だった。そこでダヨは手っ取り早く金を稼ぐために、毎晩パブを訪れ、人々に短剣を手渡し、それで自分の背中を突き刺させるという過激なパフォーマンスをはじめた。その姿はまるで一人サイドショーとでも言うべきものだったが、そのおかげでダヨはどうにか糊口をしのぐことが出来るようになった。結局、「不死身の身体であることに気づいたから」という訳の分からない事を家族に言えるはずもなく、ダヨは、誰のサポートもなく、新たな町で、まさに身体一つで新たな生活を始めたのである。

アムステルダムでの暮らしにも慣れ始めた頃、ダヨはその過激な"ボディ・ピアシング"で徐々に有名になっていったが、やはり短剣で身体を突き刺させるパフォーマンスは、町中のパブでは刺激が強すぎたのかもしれない。多くのショーパフォーマンスは、主にガラスとカミソリの刃を食べるというものだったという(後にダヨは、それらの物体を食べたとき、物体は普通に体内を経過するのではなく、"非統合"、もしくは"非物質化"される、と語っている)。

彼が自分のことを"ミリン・ダヨ(Mirin Dajo)"と名乗るようになったのもこの頃からである。アムステルダムに渡って以来、しばらくの間は愛称のノル(Nol)という名前でショーを行っていたが、"世界は一つである"という彼の思想から、エスペラント語(1887年に提唱された国際共通言語)で"素晴らしい(Wonderful)"を意味する"Mirin Dajo"をその名としたのである。

パフォーマンスとメッセージ

mdajo8.jpgかくしてダヨの名声 — それは悪名とも言えるかもしれない — は世間に広まっていったが、ダヨ自身は単に巷に溢れる「びっくり人間」の一員になりたいわけではなかった。ダヨはパフォーマンスを通じて、人々が現実として受容している以上のものが、確かに世界に存在することを、伝えたかったのである。事実、彼にとってその肉体のパフォーマンスは第一幕に過ぎなかった。ショーの第二幕になると、彼は説教をはじめ、人々に唯物主義的な考え方を捨てるべきであるということ、そしてこの世界には、人間の理解を超えた高次の力が存在することを知るべきであると人々に訴えていた。そしてまた高次の力とは即ち神であり、自分のこの不死身の身体を通じて、神がその存在を示していること、そして世界平和を訴え、唯物主義的な思想が世界を戦争と不幸に導いていると説いたのだった。

ダヨは来る日も来る日も、パブでのパフォーマンスを続けていたが、その名が広まるにつれ、自分をマネージメントするエージェントが必要な時期になっていることを自覚しはじめていた。それはもちろん、より有名になりたかったからではなく、むしろより多くの人々にそのメッセージを伝えたかったからである。彼は自分の”教会”となるべきショーシアターを探し求め、遂にエンターテイメント業界のエージェントと知りあう機会に恵まれた。しかしプロの興行師に会って初めて知らされたのは、公の面前でパフォーマンスを行うには、まず医師の許可が必要だということだったのである。そこでダヨは、許可を取るべく、レイデンの大学へと赴き、そこで自分の身体を科学者に検査してもらうことになったのだった。

検査の結果、医師たちは首を捻りながらも彼に許可を与えた。しかし、それは小さいクラブ内でのみ、という制限付きのものだった。多分、彼のパフォーマンスが過激すぎたからだろう。更に与えられたライセンスはあくまでもパフォーマンスを許可するだけのものであり、説教を行うことは禁止されてしまった。このことがダヨに大きなフラストレーションを与えたことは言うまでもない。彼にとってその”身体の驚異”は人々を啓蒙する”きっかけ”に過ぎず、ショーの後で語られるスピーチこそが、彼が望んでいたパフォーマンスだったからである。そのような経緯でアムステルダムに幻滅したダヨは、スイスへと渡った。しかしそこでも結果は同じだった。スイスの医師に検査を受け、ダヨが与えられたライセンスは、またしても厳しい制限付きのものだったのだ。

ガーディアン・エンジェル

ダヨはその生涯を通じて、幾人かの助手を雇ったが、彼ら"助手"の主な任務は、ダヨの身体に"鉄の物体"を突き刺すことであった。ダヨの最初の助手は、オランダに暮らしていた時の、彼の隣人だった。ある日のこと、ダヨがアムステルダムへと向かうバスを待っていると、隣に住むジャン・ダーク・ドゥ・グルートが腰掛けてきた。ダヨは直感的に彼が自分を補助するべき人物であると感じ、グルートを誘った。そしてグルートも何かを感じるものがあったのだろうか、助手になることを素直に承諾したのである。以降、グルートはダヨの最も良き理解者であり続けた。

グルートによれば、ダヨには常に、三人もしくはそれ以上の"ガーディアン・エンジェル(守護霊的な天使)"がついていたという。そしてダヨが何かに直面するたび、彼らガーディアン・エンジェルたちがダヨに助言や指令を与えていたというのだった。しかしその指令は、普通の人には到底理解できないものだった。例えば、ある時には"氷の上に身体を置き、それから胸毛をロウソクで焼くこと"といった訓練を命じ、またある時は"沸騰したお湯で身体を洗うこと"といった過酷な指令を与えたこともあった(もっともそれらを実践しても、ダヨの身体は赤くなることさえなかったのだが)。

グルートによれば、ダヨは多い時で一日あたり五十回から百回以上、身体を鉄の器具で突き刺すこともあったという。鋭い鉄の器具は、時にダヨの肺や心臓、腎臓を貫いたり、幾つかの臓器を一度に串刺すことさえあった。また時に、グルートはダヨに言われるまま、器具を身体に突き刺したまま激しく動かしてみたり、身体を拳で殴りつけてみたこともあった。またある時には、鉄の剣を加熱し、真っ赤になった剣を突き刺したこともあった。しかしどんな仕打ちを試そうとも、何一つ、ダヨの身体にダメージを与えることは出来なかったのだ。更に剣に毒をぬってみたり、錆びた剣で突いてみるといったことも試したが、それらのいずれも、ダヨの身体には、針ほどの傷みも与えることはなかった。

mdajo3.jpgダヨのパフォーマンスを疑う人たちに、パイプを渡し、体に突き刺させたこともある。直径8mm程のパイプに水道を繋ぎ、本当にダヨの身体にパイプが貫通しているかを調べさせるためである。結果は写真が語る通りでだった。ダヨはあたかも人間噴水のように、背中から胸部に突き出た管から、水を勢い良く噴射したのだった(この時代、手や足に穴を開けて人間噴水のパフォーマンスを行った者は決して珍しくなかったが、ダヨのように胸に穴から水を噴いた者は、おそらく他に例がない)。チューリッヒの医師に請われ、身体に剣を突き刺したまま、ジョギングすることなどは、ダヨにとってはもはや朝飯前のことだった。

遠隔視・治癒・身体の非物質化

グルートによれば、ダヨは不死身の身体を持っていただけでなく、遠隔視の能力や、他者を治癒する能力さえ持っていたという。スイスに滞在していたある晩のこと、グルートはオランダの家族の事が心配になり、電話をかけようとした。しかしダヨはそれを止め、明日の朝八時にかけるようグルーとに伝えた。ダヨによれば、グルートの家族は全く元気に、その晩の深夜二時頃までトランプで遊んでいるということだった。そして翌朝、グルートが言われた通り八時頃に電話すると、ダヨの言葉が全く正しかったことが証明されたのである。ダヨの治癒力を示すこんなエピソードもある。ダヨが有名になるに連れ、彼のもとにはたくさんの人々が訪れ、病気の治癒を依頼するようになっていた。ある時オランダ人の男性が現われ、ダヨに頭痛を訴えた。するとダヨは、造作もなく、彼の頭痛を取り除いたのだった。そこには長年、患者を診続けた医師も居合わせたが、患者が嘘のように元気になると、まるで逃げだすように、男性の家を立ち去ったという。一方で、ダヨのパフォーマンスを自己催眠であると分析した医学生もいた。しかし実際のところ、ダヨのパフォーマンスが自己催眠や集団催眠だけで説明出来るものでないことは、明らかだった(仮に自己催眠であったすれば、痛みは感じなかったとしても、血は流れるはずである。集団催眠であるならば、ビデオに残された映像に疑問が残る)。

mdajo2.jpg一体ダヨの身体では何が起きているのだろうか?丁度それはユリ・ゲラーのごとく、身体が金属物質と特殊な関係を有していたのだろうか。グルートたちがダヨの身体に短剣を刺してこねくり回そうと、コークスクリューで身体に穴を開けようと、ダヨの身体にはまるで傷というものが残されないのである。ダヨ自身の説明によれば、それら金属の物体は、実際にはダヨの身体に突き刺さっていないのだという。むしろ逆に、ダヨ自身が、その金属の中に入っていると説明するのである。ダヨの身体には幾つかの区分があり、そのうちのある部分がは他よりも"軽く"、或いは"非物質的"に変化させることが出来るのというのだ。そしてそれ故に、ダヨの身体は傷つけられない。そこにはあたかも損傷されるべき"ソリッド"な物質が存在しないようになる、とダヨは語るのだった。

ただしグルートによれば、ある時、ダヨは腕を骨折したことがあったという。それは彼の身体が決して不死身などではないことを示唆する証拠である(もっともグルートによれば、その時ダヨはすぐさま腕を調整し、再び使えるように治癒していたというが)。もしそれが事実であるとすれば、ダヨは彼が"望んだ時"にのみ、不死身の身体になれたということを示している。あたかも、身体の特殊能力を自在にオン・オフするようにである。しかし結局、その謎を解き明かす者は現われることがなかった。丁度イエスと同じように、ダヨのミッションは約三年で終わりを迎えた。イエスのように、今なお解けぬ、幾つもの謎だけを残してダヨはこの世を去ることになったのだ。

謎に包まれた死

1948年5月11日のこと、ダヨはスイスの自宅で、いつものように"彼らの声"を聞いた。声は彼に、鉄の釘を食べるよう命じたのだった。そして"彼ら"はその修行に医師も立ち会わせ、麻酔をかけずに、その釘を取り除いてもらうよう指示したという。常人にはまるで理解し難いが、ダヨは迷うことなく、言われた通りに釘を食べた。しかし、それから二日後、医師は体内の釘を確認したが、ダヨの意に逆らい、麻酔をかけて釘を除去したのだった。

それから約10日後のことだった。グルートは家族をスイスに迎えるため空港に向かい、ダヨの家に帰宅すると、ダヨはベッドに伏していた。グルートは、ダヨがしばし、こうした姿で瞑想を行っていたり、体外離脱していたことを知っていたから、脈があることだけを確かめ、ダヨをそっとしておくことにした。翌日、グルートがダヨの様子を見に来ると、まだ彼はベッドに伏したままだった。既に恍惚としたトランス状態ではなかったが、彼はまだ呼吸をし、脈もあった。しかし第三日目、グルートが様子を見に来ると、ダヨは既に息を引き取っていたのである。それは1948年5月26日のことだった。後の調査によれば、ダヨが死亡したのは、グルートが様子を見に訪れた、12時間前であったという。

検死が行われた結果、ダヨは大動脈の破裂で死亡していたことが明らかにされた。警察も調査に乗り出し、修業に関与したグルートと医師は取り調べを受けたが、ダヨもグルートもオランダ国籍であり、修行はダヨ自身が望んで行った事であったため、起訴は免れた。

現在、彼が何故かくも奇妙な死へと向かったのかは定かではない。ただしグルートによれば、ダヨは数日前から既に自らの死が訪れつつあることを知っていたのだという。オランダを離れた数カ月前、ダヨはグルートに、オランダに戻ることは二度とないだろう、と告げていた。また死因となった修業を行う直前、ダヨはグルートに、決して釘を食べることは手伝わないようにと、伝えていたのだった(もしグルートが鉄の釘を飲むことを手伝っていたら、間違いなく殺人幇助で起訴されていただろう)。

mdajo9.jpgダヨは自分が平和のメッセージを伝えるための使者であることを自覚していた。しかしその唐突な死により、その活動は決して大きな影響力を生むまでには至らなかった。ただしダヨの死が、彼を調べていた医師たちを安心させた事だけは、おそらく事実である。医師たちはダヨが肉体という現実でもって突きつけた難題から、ようやく逃れることが出来たからだ。つまりダヨが、幾らその身体に剣をつきたてようと、とうとう世界を変革することは叶わなかった。ダヨはちょうど、奇蹟という風船を打ち上げて、人々をテストしたのかもしれない。その風船が人々に見えるかどうか?世界はそれに準備出来ているのか?しかし世界は、そこに瞬間的な驚きの他に、何も見いだすことは出来なかったのだ。

現在、彼について残されているのは、幾枚かの写真と、ごく僅かな映像のみである。おそらく、当時彼のショーを見ていた者は彼のどこか物憂げな表情、そしてあの強烈なパフォーマンスを、決して忘れることはないだろう。しかし今日、彼が伝えようとしたメッセージを知る者は、もう何処にもいないのかもしれない。それはあくまでも、ごく短い期間、ごく限られた小さな場所で起きた、稲妻のように刹那的な"現象"だったからだ。しかしいつか、世界に新たな変革がもたらされる時、彼が伝えようとしたその何かが、再び思い出されるのだろうか。かつて"奇蹟(Miracle)"と呼ばれた、その男の名と共に。


【関連】X51.ORG : 「奇跡の首無し鶏」マイクの残したもの
- X51.ORG : 人間の寿命は今後20年で1000歳以上に
- X51.ORG : 斬首 ― 切断された人間の頭部は意識を有するか
- X51.ORG : ナイフひとつで病を治す ― 心霊治療とは
- X51.ORG : 身体に槍が突き刺さる→意味が分からず笑顔 米
- X51.ORG : 大工の肛門に鉄棒が突き刺さる 中国

2007.06.13

HOME > X-FILES > Article

X51.ORG

CATEGORY

SEARCH

ARCHIVES


;
HOME | EARTH | ANIMA | ANAL | ENEMA | FILES | CONTACT | RSS

2003 - 2014©X51.ORG RIGHTS RESERVED.