X51.ORG : テレポーテーション、あるいは人体消失の謎
HOME > X-FILES > Article

テレポーテーション、あるいは人体消失の謎

tesla_strike【Netfirms+etc】テレポーテーションという現象は人がある場所からある場所へ - 時に数千㌔、時には数㍍ - と、物理的に移動不可能な距離を瞬時に移動してしまう現象である。この現象はかなり古くから文献にも記録されており、また近年においても急に人が消える事を神隠しなどと呼ぶことがあるが、その実態は未だもって明らかではない。こうしたテレポーテーションの記録に残る最も有名な事件として1593年に起こった有名な事件がある。その日、メキシコシティのグランドパレス前に待機していた警備兵たちの前に、見たこともない服を着用し、銃を携行した男がフラリと現れた。警備兵達はすぐさま男を取り囲み、男の素性を問いただした。するとどうだろう。その男は全く意味不明な事を口走ったのである。「俺はさっきまで、フィリピンのマニラ総督宮殿の警護に当たってたんだ…。だけど、気がついたら突然ここにいたんだよ」

マニラからメキシコへ飛んだ男

言うまでもなく、フィリピンとメキシコはおよそ地球の正反対に位置している。しかし、男の話はそれだけでは終わらなかった。取り囲んだ兵士たちは困惑しながら更に問いただすと、男は動揺した様子ながら、こう答えたという。

「今晩、マニラで総督が暗殺されたんだ。それで宮殿に厳戒態勢が敷かれていて、俺はそこで警備に当たっていた。でも今は確かに、ここがマニラじゃないことはわかっている…だけど、何がなんだか俺自身訳がわからないんだ…」

(注;ちなみに当時のフィリピンはスペイン支配下の植民地だった。その為、男がスペイン語を喋ったことには特に不自然なことではない)

そして結局、警備兵達は男のデタラメな話にあきれ果て、男を気の触れた不審者として、投獄することにしたのだった。しかし、それから凡そ一ヶ月後のことである。フィリピンから到着した貨物船の船員がメキシコの当局に、ある事実を告げた。それは一ヶ月ほど前、マニラにおいて総督が暗殺されたという事実だったのである。

当局の人間はそれを聞いて愕然とした。総督が暗殺されたからではない。それは一月前、あの奇妙な男が喋った内容とピタりと合致していたからである。時は1593年、電話も電報もない時代である。マニラから瞬間移動したというその男は、一ヶ月前のその日、一体如何にして総督暗殺の事実を知ることができただろうか?

その後、真相は不明なまま男はひとまず釈放され、その貨物船に乗ってフィリピンに帰ったという。男のその後を知るものはいない。

テレポーテーション

またこんな話もある。それは1655年、インドのゴアで起こった事件である。ある男が仕事をしている最中、ふと一陣の風が彼の側を吹き抜けた。するとその時である。次の瞬間には男は自分が生まれ育ち、20年前に離れた土地 ― ポルトガルのある町 ― に立っていることに気がついた。

男は訳がわからず、自分の身に起こったことを周囲の人間に話したが、不幸にも男は気狂いとして扱われ、その現実味のない話から異端審問にかけられた。そして「神の行いにそぐわない」話であるとして、火あぶりの刑に処されたという。

また別のケースとしてはスペインの修道女メアリーの物語がある。1620年から1631年にかけて、メアリーは何度かヨーロッパと中央アメリカを瞬間移動 で行き来し、そこで原住民達にキリスト教を広めていたと主張した。しかし当然、教会は彼女の主張を認めず、彼女は嘘つき女として軽蔑のまなざしを受けることになった。

しかし、彼女の主張を裏付ける不思議な出来事が起こったのはその後のことである。それは時が経ち、原住民に布教活動(改宗活動)を行うためにスペインから正式な聖職者が派遣された時に起きた。

当時、スペインから中央アメリカへ向かった布教者の一人アロンゾ・デ・ベナヴィデス神父は時のカトリック教皇、そしてスペインのフィリップ4世に対し、現地から以下のような手紙をしたためている。

「中央アメリカにて私の為すべきことはありませんでした。何者がすでに我々を出し抜いたようです。現地の話では、ここに青い服を着た謎の修道女が来ていたそうです。彼女は原住民にロザリオとクロスを与え、聖杯を持ち込んで祝祭までも行っていたようです」

その後、アロンゾ神父はスペインに帰還すると、早速メアリーに面会し、真偽を確かめるため中央アメリカの様子を尋ねたという。

しかし神父はその話しを聞いてほとんど腰を抜かした。何故なら彼女の話は、神父がアメリカ大陸で見たものを克明に描写していたからである。それはもちろん、彼女がスペインに居ては知り得るはずのないものだった。アロンゾ神父は必死になって理由を考え、実はメアリーは船に乗り込み、こっそりと渡米を果たしていたのではと勘ぐったことは無理もない。しかし、結局それも覆された。修道院の上位聖職者らは、皆一様に、メアリーがそれまで一度として修道院を離れたことがない程、敬虔な修道女であると証言したのである。そうしてアロンゾ神父は、最後にはメアリーの話を信じないわけにはいかなくなってしまった。後にある伝記作家はこの事件を次ぎのように記している。

「メアリーが実際に中央アメリカを訪れていたことは、その後スペインの征服者、そしてフランスの探検家たちによっても明らかにされている。およそ世界の常識に反するこの不可思議な現象がいったい何だったのか、それは現在なお、明らかではない」


ナポレオンと共に戦った男

またこれまでの事例とは一風変わったものとして、こんな事件もある1846年、ノースカロライナ州で仏語教師を務めていたピーター・スチュアート・ネイは、まさに臨終の時を迎えようとしていた。彼は年老いて寡黙な性格ながらも、町では人望の厚い、人気の教師だった。しかし人生の最期を迎えようとしていたその時、彼はその場に居合わせた者達に向かって突然、奇妙な事を口走ったのである。

「私は…かつて、フランスのネイ元帥だった…」

当時フランスにおけるミシェル・ネイ元帥といえば、ナポレオン・ボナパルトの元で活躍した猛将として知られていた。記録によれば、ナポレオンがワーテルローで敗北し、セントヘレナ島へと島流しにされた1815年、ネイ元帥は時のフランス国王により反逆罪で処刑されている。

従ってもちろん、そんなネイ氏の言葉を誰も信じようとするはずもない。おそらく臨終の間際に記憶が錯乱し、妙な事を口走ったのだろう、と周囲の人々は考えたのも無理はない。

しかし、不思議なことはその後に起こった。死後検視に当たった医師がネイ氏の身体を検査したところ、ネイ氏の身体には決して穏やかな教師の姿には似つかわしくない、まるで百戦錬磨の兵のように、大きな傷跡が体中に刻まれていたのである。医師は驚きながら、まさかと記録されていたネイ元帥の傷の特徴と比較した。そして医師は思わず息を飲んだ。教師ネイの傷の位置は、ネイ元帥が身体に受けた傷の位置と見事に一致していたのである。

さらにその後、NYから訪れた筆跡鑑定家デヴィッド・カヴァルホ氏がネイ元帥の筆跡と教師であったネイ氏のものを比較した結果、それらが完璧に同一人物のものであるということが明らかになった。

これが一体テレポーテーションによるものなのか、あるいは単に亡命によるものなのか、明らかではない。しかし、当時のフランスにあって、ナポレオン軍きっての猛将が、そうやすやすと監視の目を潜り抜け、米国まで亡命を果たせるわけもない。死の間際となって明らかにされたネイ氏の過去は一体いかなるものであったのだろうか。今となってはその真相は知る由もない。


新しい人格

またここに距離だけでなく、人格までもが失われてしまった男の話がある。1887年1月17日、ロードアイランド州で大工と牧師をして暮らしていたアンセル・ボーンは家を出て銀行に向かい、そこで口座から551㌦を引き出した。彼は自宅から程近くの甥が住んでいる辺りに新たに農地を購入しようと計画していたのである。

そして彼の記憶はそこでぷつりと途切れる。それから56日後の3月14日、ボーンは自分が全く見知らぬ場所で、目を覚ましたのである。彼が目を覚ましたのはいつもの見慣れたロードアイランドの町並みではなく、ペンシルヴァニア州のノリストンという町だった。彼は目を覚ますまでの経緯を必死に思い出そうとしたが、銀行を出て甥の家を訪れ、自宅に帰ろうとして甥の家を出たところからぷっつりと記憶がない。しかし、それが単なる記憶喪失でないことは明らかである。彼は確かに記憶を持っていたのだ。彼はただ呆然とするより他なかった。

彼は一体なぜ、自分が自宅から370㌔も離れたペンシルヴァニア州にいるのか、そして56日間の間自分が何をしていたのか、全く理解ができなかったのである。

そして不可解な出来事はさらに続く。ボーンは結局訳もわからないまま外に出ると、そこでボーンのことをなぜか知っている人物に出会ったのである。男はまるで慣れた様子でボーン氏に挨拶し、それが当然のような顔で、なにやら仕事の話を始めたのだった。ボーンはさっぱり状況が把握できなかったが、上手くその男が間違えているらしい“誰か”に成りすまそうと努めて、男から聞ける限りの“自分についての”話を聞き出した。

そうしてまず分かったのは、その男はどうやらボーンの雇い主らしいことだった。そしてボーンはもはやアンセル・ボーンではなくMr.アルバート・ブラウンという名で通っており、そこで彼は2月初頭にその男から店舗を借りて、店を経営し、それなりに成功しているらしいということだった。またそれだけではない。彼はその地域の中心的人物として周囲の信頼も厚く、メソジスト教会の牧師を勤めていたということだったのである。

ボーンはすっかり混乱し、もはや訳がわからなくなってしまった。一体何が起こっているのか?みんなで私をからかっているのか?ここはどこだ?お店とは何だ?だいたいなぜ自分がそれまでさっぱり興味すらなかったビジネスに手をだしているのか?自分は56日間も何をしていたのか?それよりも自分は一体誰なのか?それはボーンの、というよりも我々人間の思考を遥かに超えた、理解し難い出来事だったのである。

やがてボーンは自分を精神異常なのではないかと考え、ハーヴァード大学教授ウィリアム・ジェームズ博士に依頼し、催眠遡行による検査を受けることになった。しかし、そこでもまた意外なことが起こった。催眠遡行においても、ボーンは自分のことをアルバート・ジョン・ブラウンと名乗り、ペンシルヴァニアでお店を経営してきた、とジェームズ博士に話したのである。そして逆に自分がアンセル・ボーンだった時の出来事は何も思い出せないと話したのだ。

このボーンの話には、博士も首をかしげるほかなかった。そしてあるいは、と前おいて言った。ジェームズ博士の推測ではおそらくボーン氏、そしてブラウン氏は共に実在した別々の人物であり、二人は別個にそれぞれの個性を持っていた。しかし、それがある何かのきっかけで同時に消失し、瞬時にエーテルのようなものになったのではないかというものだった。もちろんジェームズ博士はそれがあるいは非科学的でこそあれ、唯一の説明足りえるのではないかと話したという。


人体消失現象

このように、歴史上において、こうした人体消失やそれに伴う奇妙な現象は枚挙に暇がない。他に奇妙なものとしては、1769年のオウェン・パルフィットのケースがある。

その日、パルフィットは家の玄関に腰掛けていた。彼は少し前に足を怪我したため、立つことができなかったのである。その為、パルフィットは従兄弟を家に呼んで、数日の間、面倒を見てもらっていた。

そして昼過ぎのことである。いつものように玄関に腰掛けたパルフィットを見るなり、従兄弟は彼が冷えてはいけない、と家の中に膝掛け毛布を取りに入った。そしてその時である。 

いとこがパルフィットのところに戻ると、彼はすでに姿を消していたのである。いとこは慌てて外に出てパルフィットの姿を探したが、その辺りは田舎で周囲には家もなく、姿を隠すような場所もない。パルフィットは文字通り、忽然と消えてしまったのである。それは時間にしてたった1分程の出来事だったという。

また他に最も有名な事件として、1809年に英国の外交官ベンジャミン・バトハースト氏が消失した事件がある。その日彼はオーストリアの法廷での仕事を終え、ハンブルグに向かう帰路についていた。彼は夕食を取るためにペルレブルグのホテルに立ち寄り、そこで夕食を取った。そしてその直後の事である。

バトハーストと同行者は馬車に戻ると、同行者が先に馬車に乗り込んだと、、バトハーストは馬の機嫌を見ようとしたのだろう、馬車の前へと歩いていった。しかしそれが彼の最後の姿となった。彼はそのまま忽然と姿を消してしまったのである。同行者はその一部始終を目撃していたが、氏は目の前で文字通り消失してしまったのだという。

また比較的最近のものでは、1975年の出来事がある。その日、ジャクソン・ライトとその妻マーサはニュージャージーからニューヨークに向けて車を走らせていた。そして車がちょうどリンカーン・トンネルに入った時のことである。夫のジャクソンが車のフロントガラスを拭くために身体を伸ばすと、マーサは後ろに身体を伸ばして後部座席の窓を拭こうとした。そしてガラスを拭き終えてふと隣を見ると、そこに既にマーサの姿はなかった。時間にして凡そ30秒にも満たない出来事である。一体何が起こったのか訳が分からないジャクソンは、車を止め、しばらく何かを考えることさえ出来ずに呆然としていたという。

霧の中に消えた一個小隊

またこれまでの話は全て個人が消失した事件であるのに対し、次に紹介する話は、多くの人々が一瞬にして消えてしまったという、更に不可解なケースである。それは戦争中に起こった。第一次大戦中の1915年8月12日(15日と伝える説もある)、トルコはガリポリ半島での攻防戦の際、ニュージーランド陸軍の兵士3人は偵察のため、丘に上がって戦場を見わたした。するとスーヴラ湾付近の丘に、英国軍の一個小隊が行進して接近してくる様子が見えた。また小隊が登ろうとしている丘の上には、霧のような低い雲が立ち込めているのを確認されたという。

彼ら三人はそのまま行軍の様子に注意し続けた。すると小隊は雲を特に気に留めない様子で、丘を登り続け、あたかも雲の中に突入するようにしてそのまま雲の中へと直進を続けた。そして奇妙なことが起こった。雲の中へと入っていった膨大な数の兵士が、誰一人として再び姿を現さないのである。  

その一部始終を目撃した彼ら三人の話では、小隊の全員が雲の中に消えていくまで、およそ1時間を要したという。しかしもちろん、彼らは自分たちの目を信じることが出来なかった。ひょっとしたら、丘の頂上で反対側か、あるいは彼ら偵察兵の死角の方向へと小隊が向きを変えたのではないか、そう考えたのである。そして小隊のが全て雲の中に隠れて見えなくなった頃、雲はゆっくりと上昇し、そのまま他の雲に混ざりあって消えてしまったという。

彼ら三人は唖然としたまま基地に帰還し、上官にはやむなく、一個小隊を見失った、と報告するより他無かった。上官は当然、そんな馬鹿げた話があるか、と彼らの怠慢を疑ったが、まさか小隊が手品のように消えて無くなったなどと、報告出来ようはずもなかった。

しかし、終戦後の1918年、奇妙な事件が起きた。その年、敗戦したトルコが英国に謝罪すると、英国はトルコに対して、トルコ側が捕虜とした英国の一個小隊をすぐに解放し、本国に帰還させるよう要求したのである。しかしトルコ側は英国の主張を全く解することができなかった。トルコ軍は英国の主張するその連隊の姿すら知らず、ましてその存在さえ未確認であると弁明したのである。

その後、トルコ側の弁明をどうしても信用できない英国軍は、連隊が行方不明となったとされる地域で徹底的な調査を行った。結果、行方不明となったうち何人かは遺体で発見されたが、しかし残りの多くの兵隊は消息不明のままとされたのである。

終戦後しばらくして、この奇妙な目撃体験を語ったニュージーランド軍の偵察兵はその時既に年老いており、彼の記憶に基づく証言が決して詳細なものだったと言うことは出来ない。しかし、その日、確かに英国一連隊の5分の1にも上る数の兵隊が何らかの原因で忽然と姿を消してしまったことは、否定し難い事実なのである。

これらの現象が、現在の我々の科学でもって説明できる現象なのか、あるいは全く未知の現象なのか、全く定かではない。しかしこのように、こうした人体消失現象や、それに類似したテレポーテーション現象は古今東西を問わず、膨大な数が報告されているのである。


【参考】テレポーテーションの実用化に向けた実験に成功 | テレポーテーション(瞬間物質移動) テレポートに成功!?オーストラリアの科学者 | BBC NEWS | Australian teleport breakthrough


【関連】1930年カナダ、村人全員失踪の謎 | X51.ORG : ニコラ・テスラ 稲妻博士と呼ばれた男

2004.02.05

HOME > X-FILES > Article
SEE ALSO
COMMENTS in Facebook
COMMENTS (51)
1.  Rave  2004/02/05 14:42:23 [RES↓] [TOP↑]

消えた人の中には、今より未来に行ってる人もいるのかもしれない・・・・・23世紀とか

2.  mizugane  2004/02/05 15:45:51 [RES↓] [TOP↑]

一段落目、
>こうしたテレポーテー~として1953年に~
1593年のタイプミスでは?

3.  undefined  2004/02/05 15:53:22 [RES↓] [TOP↑]

>時は1593年、電話も電報~
こっちが1953年の間違えでは?

4.  X51  2004/02/05 18:03:30 [RES↓] [TOP↑]

すいません。正しくは1593年でした。

5.  undefined  2004/02/06 02:21:48 [RES↓] [TOP↑]

第二次世界大戦中に中国兵がごっそり消えた話もありますね。

6.  undefined  2004/02/06 14:29:00 [RES↓] [TOP↑]

平行世界

7.    2004/02/06 17:30:26 [RES↓] [TOP↑]

最近日本でおこる神隠し事件のほとんどは中国人や朝鮮人による拉致や殺害であろう

8.  undefined  2004/02/08 22:59:25 [RES↓] [TOP↑]

そうとも限らんでしょ。
何年も少女を飼っていた事件もあったし。

中国が国で拉致ってるってのは微妙…。
マフィアはあり得るかも知れんけど。

9.  凍結乾燥ピーナッツ  2004/02/09 00:03:55 [RES↓] [TOP↑]

物質の瞬間的移動は、生態細胞に限った話じゃないことから(服を着たまま移動している)物質の再合成よりも、時空間的な歪みを疑うべきではないでしょうか。
個人的にこの手の記事は興味深いです。
あと、論理的整合性のみの視点から、北朝鮮などの国家のせいにするのは大変危険です。まさに、現代科学の罠です。すでに書かれていますが、実際何年にも渡って監禁されていたケースもあります。確かに、事件・事故に巻き込まれた人もいるでしょう。でも、それは「科学」で説明できないだけであって、実際の現象は現象

10.  凍結乾燥ピーナッツ  2004/02/09 00:13:39 [RES↓] [TOP↑]

実際の現象は現象として捕える必要があると思います。
論理的な説明ができることに原因を求めるのは科学の視点からでしか物を捕えていません。極端な話、新興宗教で「神のいうところには、これは拉致が原因である」と言っているのと同じです。もちろん科学すべてを否定するつもりは毛頭もありません。ただ、あくまでも「科学成立する」という仮定の元に成り立っているということを忘れるべきでないでしょう。

11.  undefined  2004/02/09 16:30:55 [RES↓] [TOP↑]

地底人の悪戯です

12.  hellharmony  2004/02/24 17:30:30 [RES↓] [TOP↑]

科学は論理。
 科学で説明のつかない物を他人に納得させるには、共感をも必要とする。
 論理的でなく、他人が共感できない物を無理に納得させようとするべからず。
 本文の記述を見よ。
『現在の科学力ではこうした現象を解き明かすことは不可能であろう』
 現在の、である。
 科学は不変不朽の論理を求めるが、それゆえに刻々と変化する。
 現在の科学で説明できない→未来永劫説明できまい→科学は無力であり奇跡をひたすら盲目的に信じよ、というのはただの思考停止である。

13.  aka  2004/02/26 02:41:55 [RES↓] [TOP↑]

科学を盲目的に信じるのも宗教思考では?
人間的成熟なくして科学も宗教も関係ないけどね
要はバランスですよ
思考停止も時にはいいんじゃないですか?

14.  JOKER  2004/02/26 10:02:42 [RES↓] [TOP↑]

科学は信じる信じないじゃなしにただの学問ですよ。説明できない事象があれば説明できないということも科学の一部だと思います。

15.    2004/03/13 00:49:03 [RES↓] [TOP↑]

「自然や事象を説明すること」が科学では?
確かに科学を盲目的に信じてしまい宗教チックに捉えている人もいますが、「科学は科学・思想は思想」ですし。
物差しが違う訳ですから同じ視点で語るのは極めて難しいですよね。
「現代の科学で説明出来ない」というのは『ただそれだけ』って感じがするんですが。
説明出来ないけど、説明したいから探求し説明する・・・。
思想や国家はその後についてきて欲しい・・・というのは個人的な希望ですね。

16.  藤澤恵麻  2004/03/23 04:55:11 [RES↓] [TOP↑]

科学的視点で物事を捉えるのは大切なことです。
でも一方で科学では解明出来ないことがアルってことも
また事実ですよね。
神様ってのは、みんな漠然としながらも存在を信じてますから。りっぱな神様かどうかは分かりませんよ、もちろん。
わたしも金魚飼ってますがりっぱな飼い主ではないですから。
でもやっぱり、科学を放棄したら、わたしたちの進歩は
ありえない。。ですよね。
科学=進歩、ではないですよ。もちろん。
でも、進むことは科学ですよ、やっぱ。

17.  藤澤恵麻  2004/03/23 05:05:30 [RES↓] [TOP↑]

で、それをふまえたうえでいいますけど。
テレポートとか、ありえないですよ。絶対。
衛星通信とか衛星電話、もちろんインターネットとか、
じっさい近づいてるようにみえるじゃないですか?
でも全然違いますよね。
可能性のハナシじゃないんですよ。
実際、生きた人間をそのまま別の場所に光速で
運ぶなんて、この空間では無理ですよ。
閉じた空間以外でも、接してる空間があったとしても
絶対無理ですよ。

18.  aiko  2004/03/29 12:14:03 [RES↓] [TOP↑]

こういうのは考えられませんか?
「未来の人間の歴史修正」。

19.  匿名  2004/04/04 13:26:32 [RES↓] [TOP↑]

可能性や確率では不可能を証明出来ないからなあ
人間の視覚、感覚、五感や知りえる知識も全体からみたらきっと大した事無いから否定はし切れまいて

20.  匿名  2004/04/05 17:08:30 [RES↓] [TOP↑]

矛盾することをいいますが、絶対なんてものは絶対にないですよ。だからどんな現象でも絶対にないってことはありえません。確率的には宇宙ができたことだって、ありえないともいえることなんですから。極端なことをいえば、テレポートしたと思われている人は実はどこかで死んでいて、別の場所に人間を構成する元素と丁度いいエネルギーが集まって、偶然にも人間の体を構成してしまって、更に偶然にも姿形は先程死んだ人間とそっくりだった…ってことだって限りなーく0に近い確率でありえるわけです。

21.  えんどろふぃん  2004/04/07 00:34:05 [RES↓] [TOP↑]

瞬間移動について考えた。どうやってやってやろうか。
きっかけは友達が「どこでもドアが欲しい。」
俺もこの温暖化してる地球には必要だと思った。

理論的には可能。
空間=時間

空間の定義は?
時間の定義は?

空間を失くせば瞬間移動できるよね。
じゃあ、どうやって失くそうか。

何で空間はあるの?→物体があるから。

......

と、まあこんな感じで足りない頭使って考えた。
でも物理学んだ事ないのでこれから学校行って学びます。
それから実用化させます。

なんで瞬間移動はきっと近い将来できると思う。
俺が生きている間に。

俺がやる!笑。

22.  匿名  2004/04/11 10:15:33 [RES↓] [TOP↑]

瞬間移動・・出来ると思うけど・・ただ・・制御出来ないだけだと思う。 

理論って・・言っても人間が自分勝手に作り出した、いや・・現象を説明するためにこじつけただけじゃないの? 自分たちに理解出来そうな言葉でね。

理論や証拠なんかを求めるよりも、ある物はある・・と思っておいた方が面白いしね。

あと、神様ですか・・? いないよそんな物w
いや、人間が作り出した神様はね・・本当のところ、
神なんて物はそういう類の物では無いしね・・、
一体どれだけの人間がそれに気づいているのか・・疑問ではあるがw

23.  匿名  2004/04/29 18:50:47 [RES↓] [TOP↑]

理論はこじつけっていうのは半分同意しますね。
ただしこじつけたのは一メートルはこれくらい、とか
一秒はこれくらいとかだけです。
あとはそれらの組み立てだけです。
ものを測ったり比べたりするのはものさしがいるので、
仕方なくこじつけたんですね。

人が瞬間移動するっていう話はどれも証拠が無く不明確な話ばかりで、
信用すること自体が無謀な感じがしますが、
あえて信じるとして考えてみても、やっぱり矛盾ばかりですよね。
移動前と移動後では標高も違うでしょうし、地球は自転公転ていますし。
これらは100年以上も昔の話ばかりで、日本で言うと江戸時代くらいでしょうか
作り話が簡単に信じられて伝わってもおかしくないとは思います。

24.  匿名  2004/05/20 21:16:39 [RES↓] [TOP↑]

アインシュタインの相対性理論が関係してるかもしれないね。光の速度に達すると時間は止まるからね。でもありえないよね^_^

25.  匿名  2004/05/26 02:16:27 [RES↓] [TOP↑]

そのうちに納得の行く真実、理論が生まれるかもしれませんね。
それがいつになるか、どんなものであるかは分かりませんが。

26.  匿名  2004/06/08 15:08:41 [RES↓] [TOP↑]

多分プラズマのせい(笑)

27.  Radio  2004/06/24 00:44:18 [RES↓] [TOP↑]

まじ不思議。未知のパワー。こわいね。

28.  Leo  2004/06/28 21:07:58 [RES↓] [TOP↑]

量子テレポーションが自然現象で起きたと考えられるかもしれません。
自然的に起きるようなものなのかは知りませんが。
最近、アメリカの研究機関が原子のテレポーションを75%程度の正確さで成功していました。

量子テレポーションとはれっきとした物理学及び通信工学の話です。

量子テレポーション
[ >> LINK ]

29.  匿名  2004/07/30 20:11:11 [RES↓] [TOP↑]

最後の英国連隊は、集団脱走じゃねーの?

30.  匿名  2004/07/31 17:39:17 [RES↓] [TOP↑]

テレポートと聞くとなにかその物質を移動させるというような考えに捕らわれてしまいそうだが、これはある場所の振動がまた違う場所の振動と同調するという事と同じなのではないだろうか?

この世界のどこにでも何にでもなる物質が充満してるとして、その物質が一つの属性を持つともう一つの属性が決まってしまうとしたら・・・そして、その属性というのが「有る」事と「無い」事としたら・・・いくら距離が離れていようが他方の属性が決まれば、もう片方の属性が決まる事になる訳だから、距離は関係なく移動(移転)できるのではないかな?

これは0のエネルギー(無いエネルギー)が関係してるような気がするな・・・。

31.  匿名  2005/01/08 04:45:21 [RES↓] [TOP↑]

1940年代にも米海軍の軍艦がが時空こえちゃったことあるんじゃなかった?

32.  匿名  2005/01/10 02:52:45 [RES↓] [TOP↑]

量子力学?興味あるなー

33.  匿名  2005/01/11 18:55:56 [RES↓] [TOP↑]

超常現象の名の元に
ろくに調査もされずに忘れ去られてしまった
事件、事故の被害者の冥福を祈って合掌。

34.  匿名  2005/02/01 21:03:18 [RES↓] [TOP↑]

エスパー魔美

35.  匿名  2005/02/06 10:08:07 [RES↓] [TOP↑]

連隊はイタクァに連れてかれたんだよ

36.  匿名  2005/02/10 10:13:55 [RES↓] [TOP↑]

分からないことを説明するのが科学でしょ。

37.  匿名  2005/02/24 04:37:33 [RES↓] [TOP↑]

多世界並行論で万事おk

38.  京極堂  2005/03/09 11:59:27 [RES↓] [TOP↑]

この世には不思議な事など何一つないのだよ。
考えられる可能性としては、証言者が嘘をついているまたは金が動いて嘘の証言がされている、ということが考えられる。
大半は映像保存技術などない時代の話。
どれも人の言ったことである。
この世界では起こるべくことしか起きない。
こんなことを科学的に考えようなんて馬鹿馬鹿しいったらありゃしないよ、関口君。

39.  ウッでやんす高橋  2005/04/18 21:23:37 [RES↓] [TOP↑]

「ボソンジャンプ」も「フォールド」も夢では無いって事かっ・・・・!!!!

40.  匿名  2005/05/08 16:06:32 [RES↓] [TOP↑]

これが ハンドパワー です

41.  匿名  2005/07/18 11:04:04 [RES↓] [TOP↑]

消えた人達はみんなFD人だったんだよ!!!11!!!!1!!1111

42.  kazu  2005/07/19 19:25:01 [RES↓] [TOP↑]

でもさぁ、もしテレポートが自然が起こした超常現象だったとしても、その人だけ移動するって言うのはおかしいんじゃないの? 
人体とそいつが着ている服は移動して、そいつが立っていた地面は、完全に別物扱い。それに、移動した場所も、気になるんだよ。自然が起こした超常現象ならさぁ、丁度地面に立っている状態じゃなく、地上から何千メートルも上空だったり、あるいは地面にめり込んでたりしてもおかしくないんじゃないかな?

43.  匿名  2005/07/19 22:46:53 [RES↓] [TOP↑]

他の星や宇宙空間に投げ出されたのかも・・

44.  匿名  2005/08/11 19:54:02 [RES↓] [TOP↑]

科学とは、在る現象を説明、証明すること、信じる信じないの問題ではない。在ることは在るし、無いことは無い、ということだ。安易に絶対と言う言葉は使いたく無いが、科学(科学というと語弊があるかもしれないが)で説明できないことは絶対に無い。科学を宗教的にとらえている人(科学は宗教と対峙するものだ的な考え)には解りずらいことだが。

45.  匿名  2005/08/11 20:28:40 [RES↓] [TOP↑]

>>44
つまり簡単にいえば在る事は在るし、無い事は無い、これが科学ということだ。神だろうが悪魔だろうが居るなら居るし、居ないなら居ないてことだ。現時点で説明不可能なだけ、信じている?いない?はまったく別次元の話だ。私個人の思想はそんなもの居るはずない!だが、居るはずがない!は私個人の思想であって実際の居る居ないは今現在、説明できないのだから安易に否定も肯定もしてはいけないのだと思う

46.  匿名  2005/08/11 20:37:06 [RES↓] [TOP↑]

>>45
それが科学的に考えると言うことだと私は思う。いや絶対そうだ!  

なんだか何が言いたいのか分からなくなったけど・・・科学を宗教的にとらえてほしくない。これを言いたかったのですがww

47.  匿名  2005/08/19 15:48:18 [RES↓] [TOP↑]

しかしあれですねえ、こんなにレスが続く記事は楽しいですねえ。
まあ、未来人の都合で連れて行かれると勝手に想像している私はファンタジーでしょうか。パラレルもいいですねえ。

これをテーマにした漫画があれば読みたいですねえ。
夏休みももう終わりますし。なんかありませんか。

48.  匿名  2005/08/24 11:24:00 [RES↓] [TOP↑]

>>47
ファンタジーというか白痴ですね。

>>44,45
まあ、それはおまえの思想というより、「誰か」からの受売りなんだろうがwww。
てか、在ることはある、無いことはない、あたりまえだろ。馬鹿か?
得意げに話すなよアホがwww。

まあ、いいたいことはあるが、おまいの主張は説明不足、というか、受売りだからその科学についての説明を自分でも理解していないじゃないのかww。

それとは関係ないが科学の定義について
参照
http://pm.soc.or.jp/study/study_12.html

49.  匿名  2005/12/28 21:13:41 [RES↓] [TOP↑]

>>48
じゃお前はツチノコがいるのか宇宙に果てがあるのか
わかるんだな?答えろよ白痴wwwwwwwww
自分のお子ちゃま理論振りかざして楽しいか?www

50.  匿名  2005/12/31 07:10:40 [RES↓] [TOP↑]

>49 ちょっとそれとは違うと思われる。
    確かに48は大人げないが。

51.  匿名  2006/01/24 22:10:41 [RES↓] [TOP↑]

なにこのマトリックスの世界

48は既に消失してると思われ

PAGE TOP | HOME | CATEGORY:X-FILES

X51.ORG

CATEGORY

SEARCH

ARCHIVES


HOME | EARTH | ANIMA | ANAL | ENEMA | FILES | CONTACT | RSS

2003 - 2014©X51.ORG RIGHTS RESERVED.