X51.ORG : HIVに感染しない人々、英国が本格的調査へ ケニヤ
HOME > MEDICAL > Article

HIVに感染しない人々、英国が本格的調査へ ケニヤ

Telegraph】ケニヤのヴィクトリア湖畔に位置するニャンザ州周辺において、パートナーがHIV感染しているにも関わらず、片方がHIVに感染しない"(HIV)不調和性カップル"が凡そ16万組も存在するとして、科学者等の関心を呼んでいるとのこと。そして現在、英国はこの事実を調査すべく、(エイズ研究に割り当てられた年間総予算400万ポンドのうち)約40万ポンドをこれら不調和性カップルの研究に割り当てる事を決定したという。ケニヤ最大の人工密度を誇る州都キスム周辺は、世界で最も高い割合でHIV感染者及びエイズ患者が存在する地域として知られている。また一番人口の多いルオ族の間では、割礼儀式が忌み嫌われ、更に夫が死んだ場合、その妻を弟が娶るといった独特の習慣を持っており、これらもHIVの感染を加速させる要因であると言われている。

しかしかつて行われた、ある限定的な範囲での調査によれば、同地域に暮らすHIV感染者のうち40%が、長期に及び、(非感染者である)パートナーと無防備なセックスを行っているにも関わらず、彼等パートナーにHIVが感染していないという事実が明らかにされたという。

また別の調査においては、現在170万人ものHIV感染者を抱えるナイロビにおいても、そこで働く娼婦の中に、明らかにHIVに対する免疫を保持している者が存在することが報告され、これらの事実は科学者を困惑させているのである。

「これら不調和性カップルについて、まだ十分な調査が行われているとは言えませんが、何らかの予想を立てることは可能です。我々の住む地域では、遠くへ出稼ぎへ行く者が多く、彼等が妻に会いに帰ってくるのは、二ヶ月に一度、場合によっては一年に一度ということもあります。その為、まずセックスの回数が少ないという事は考えられるでしょう。或いは彼等が粗野な性交を行っていないということ、或いは調査が行われた時には、まだ新規感染者が少なかったという事も考えられるかもしれません。」ニャンザ州医務局チーフを努めるジェームズ・ゲサミ氏はそう語っている。

また2003年に行われた研究においては、同地域湖畔に暮らす14組のカップルが調査され、非感染者側のパートナーは感染者側のパートナーに比べ、HIVに対して低い免疫反応しか示さないにも関わらず、非感染者側の免疫系がウィルスに対して効果的な攻撃を与えるため、HIVに感染しないという結果が明らかにされている。

「理由はともかく、我々は今後出来る限り多くの不調和性カップルに会って調査を行い、彼等のうち、どちらかがまだ非感染者であれば、決して今後も感染しないよう、カウンセリングを行いたいと思っています。」現地研究担当者のマリリン・マクドナフ氏はそう語っている。

キスムから西90km、ボンドに暮らすマーク・マイザー(25)はHIV感染者である。彼が初めて自分がHIVに感染していることを知ったのは、2000年、妻ジュディスと結婚した一年後の事だった。しかしマイザーはその後、自分が感染者であることをジュディスにひた隠し、それまでと変わらない無防備なセックスを続けていたという。

「本当の事を言って妻に逃げられるのが怖かったんです。もちろん、感染する危険があることは分かっていました。それで2003年には、一緒に検査に行ったんです。その時もまだ、私は自分が感染者であることは妻に告げていませんでした。しかし、検査の結果、驚いたことに彼女は陰性だったんです。本当に運が良かったのだと思いました。以来、私は彼女をHIVに感染させないようルールを守ることにしたんです。」

そして今年、22歳になったジュディスは再び検査を受けた。しかし結果は、やはり陰性だったのである。二人はひとまず子供を作る計画を棚上げし、コンドームを使うようにしたという。

【参考1】英男性、HIV自力克服か エイズ治療に貴重な情報も| 医学と切手の極意

【参考2】ケニアにおけるエイズ問題

もう一つ、性的問題行動が挙げられる。HIV感染を自覚した男性が、自らを清めると称して処女と性交するのである。処女と交わることでエイズが浄化されると信じ、この行為を非感染者の少女に強いる。また、感染者の中には、自分一人だけ死ぬのは嫌だと、多くの売春婦と性交する男性もいる。心理的に追い詰められ自暴自棄となった感染者の身勝手な行動は社会悪へとエスカレートしている。

【参考3】免疫学教室ホームページより

「HIV曝露非感染者」と呼ばれる人たちは、特定のHIV感染者をパートナーとして、何らの感染防御措置もとらずに(すなわちコンドーム無しで)、長年にわたって性的接触を繰り返しています。それにも関わらず、これら曝露非感染者の血液中には、HIVの存在もHIV感染細胞の存在も検出できません。一方、これら曝露非感染者の尿道粘液あるいは膣粘液には、HIVと反応するIgAクラスの抗体が検出され、曝露非感染者の末梢血Tリンパ球をHIV抗原で刺激すると、強いサイトカイン産生反応が認められます。これらの事実は、上記のような曝露非感染者では、HIV感染の成立無しにHIV抗原による免疫系の感作が生じている(そして、恐らくその免疫反応により感染防御が成立している)ことを示唆します。


【関連】X51.ORG : エイズはモテる男のステータス マラウィ

2005.12.15

HOME > MEDICAL > Article
SEE ALSO
COMMENTS in Facebook
COMMENTS (48)
1.  匿名  2005/12/15 06:05:39 [RES↓] [TOP↑]

1げっと

2.  匿名  2005/12/15 06:07:15 [RES↓] [TOP↑]

本当だとしたら、世界を大きく変える。

3.  携帯ペンギン  2005/12/15 06:27:24 [RES↓] [TOP↑]

この種の話って、そう珍しいことじゃないよね?免疫がある人をみつけても簡単にワクチンは作れないってことなんでしょうかね。

4.  匿名  2005/12/15 06:55:02 [RES↓] [TOP↑]

エロのチカラはすごいなぁ

5.  匿名  2005/12/15 07:36:40 [RES↓] [TOP↑]

検査行ってみようかな・・

6.  匿名  2005/12/15 07:38:59 [RES↓] [TOP↑]

一桁!!

7.  匿名  2005/12/15 07:58:10 [RES↓] [TOP↑]

ラッキー7
1%の理論だね。。

8.  匿名  2005/12/15 08:11:14 [RES↓] [TOP↑]

マークは自分だけが大事なんだね。

9.  匿名  2005/12/15 08:16:09 [RES↓] [TOP↑]

>夫が死んだ場合、その妻を弟が娶る

なんか、激しくイヤ

10.  匿名  2005/12/15 08:31:48 [RES↓] [TOP↑]

渋谷の女子高生あたりにも免疫もってるやつが既にいそうな希ガスw

11.  匿名  2005/12/15 08:54:13 [RES↓] [TOP↑]

こち亀であったよね。両津から合成したワクチン。どんな病気でも治すけど、両津にしか使えない。

12.  匿名  2005/12/15 09:05:02 [RES↓] [TOP↑]

>>10
池袋とか大久保とか町田とかね。強制調査したら結構すごい人がいたりして。

>>11
良くわからんが、朝からワロタw

13.  匿名  2005/12/15 09:19:25 [RES↓] [TOP↑]

免疫ほしい

14.  匿名  2005/12/15 10:52:51 [RES↓] [TOP↑]

人類はまたアフリカから進化しつつあるということか。

15.  匿名  2005/12/15 12:13:28 [RES↓] [TOP↑]

俺、エイズが怖くて献血いけないw

16.  匿名  2005/12/15 16:41:55 [RES↓] [TOP↑]

モト彼のモトかののモト彼

17.  匿名  2005/12/15 17:00:40 [RES↓] [TOP↑]

まぁアフリカほど感染者が多ければ免疫持ちも出てくるだろうって事

18.  匿名  2005/12/15 17:45:25 [RES↓] [TOP↑]

なんか、「エイズウィルス軍に対して籠城戦している免疫細胞兵士達」みたいなイメージが・・・

19.  匿名  2005/12/15 20:24:09 [RES↓] [TOP↑]

医療ってのは、新しい技術のみから発展するわけじゃないらしいね。
漢方だとか、ある民族が薬として使用している植物とか、そういうものを今の技術で調査することで新薬を作ることもあるらしい。

20.  匿名  2005/12/15 20:24:59 [RES↓] [TOP↑]

医療ってのは、新しい技術のみから発展するわけじゃないらしいね。
漢方だとか、ある民族が薬として使用している植物とか、そういうものを今の技術で調査することで新薬を作ることもあるらしい。

21.  匿名  2005/12/15 21:14:51 [RES↓] [TOP↑]

風俗でHIVうつされて自殺した知り合いがいる。
金払ってそんな目に遭うなんてやりきれなかっただろうなあと思う。

まあ、あれだ。
とりあえず本命以外との生セクースはヤメトケ( ´ー`)y-~~

22.  匿名  2005/12/15 21:47:18 [RES↓] [TOP↑]

でもこれってもとから言われてたんだよね?HIVはもともと風土病だし。
でも、その民族(記事の人たちかな?)がカラードだったから、ホワイトが調査するのは『人種差別だ』とかなんとか言って調べさせてくれなかったらしい、っての聞いたことある。

23.  匿名  2005/12/15 23:20:16 [RES↓] [TOP↑]

この場合できた子どもはHIV持ってるのだろうか。

24.  匿名  2005/12/15 23:25:09 [RES↓] [TOP↑]

>>23
それ気になる

25.  匿名  2005/12/15 23:25:09 [RES↓] [TOP↑]

>>23
それ気になる

26.  匿名  2005/12/15 23:36:52 [RES↓] [TOP↑]

エイズの特効薬なんて出来てほしくない。

27.  匿名  2005/12/16 00:48:42 [RES↓] [TOP↑]

みんなセンズリで我慢でいいじゃん

28.  匿名  2005/12/16 03:31:59 [RES↓] [TOP↑]

スキムって都市名自体が
そういう現象を起こしてるんだなw

29.  匿名  2005/12/16 12:56:46 [RES↓] [TOP↑]

人間がHIVを克服してもまた新たなウィルスが現れるんだろうな
「生きている限り、闘い続けろ」とは伝説のアニメ「ヘヴィ」の言葉

30.  匿名  2005/12/16 14:22:52 [RES↓] [TOP↑]

ニャンザ萌え

31.  匿名  2005/12/16 23:27:13 [RES↓] [TOP↑]

いいよな、アニオタは。

感染の機会がないからな。

32.  匿名  2005/12/16 23:56:31 [RES↓] [TOP↑]

>>23
生まれるまではほぼ無菌状態になってるので
感染リスクは生まれるときのみある。
今は感染させない出産方法ってのがあったような
気がするのだが思いだせんorz

33.  匿名  2005/12/17 12:44:20 [RES↓] [TOP↑]

>>22
おみゃー、どっかの国が無理矢理出した
アフリカミドリザル起源説とか
ホントに信じてるのけ?

今時そんな人いないと思ってたよ。。。

34.  匿名  2005/12/17 13:09:21 [RES↓] [TOP↑]

マークの被害者振った良識者的な言動がムカつくな。

35.  匿名  2005/12/17 14:10:15 [RES↓] [TOP↑]

>>33
人類は何千年も前から相手が猿だろうが馬だろうが犬だろうがヤってきたからな。ヤってなくても傷口くっつけりゃ感染するし。
特に否定することもないんじゃないの?
まぁその猿がウィルスなんて実は持ってなかったとするならアレだがw

36.  匿名  2005/12/17 18:31:05 [RES↓] [TOP↑]

>>32
帝王切開じゃね?

37.  匿名  2005/12/18 23:57:03 [RES↓] [TOP↑]

これから、技術が発達すれば、エイズも心配しないでよくなるね

38.  匿名  2005/12/19 00:20:55 [RES↓] [TOP↑]

黒死病の免疫をもってたりすると感染し難いってのはどうなってるの?
北欧の人々がかなりHIVに強いと聞いたことあるんだが。

39.  匿名  2005/12/19 00:30:07 [RES↓] [TOP↑]

こいつだな?
http://hwj.corecolors.com/news/technology/story/20050111304.html

40.  匿名  2005/12/19 19:51:05 [RES↓] [TOP↑]

なるほど

41.  匿名  2005/12/20 09:33:36 [RES↓] [TOP↑]

この手の話題は定期的に出るけどホントだった試しはない

HIVを治す薬草とか、
HIVが自然治癒した男から免疫取るとかいう話はどうなったの

HIV感染者をぬか喜びさせる性質の悪い作り話だ

42.  匿名  2005/12/20 09:34:05 [RES↓] [TOP↑]

この手の話題は定期的に出るけどホントだった試しはない

HIVを治す薬草とか、
HIVが自然治癒した男から免疫取るとかいう話はどうなったの

HIV感染者をぬか喜びさせる性質の悪い作り話だ

43.  匿名  2005/12/20 10:56:56 [RES↓] [TOP↑]

中国とかインドなんかはそろそろミュータントが生まれそうだぞ

44.  匿名  2005/12/23 18:54:59 [RES↓] [TOP↑]

エイズ生物兵器説ってのもあるよね、このへんを調べてた人はみんな死亡してるのも事実。数年前にもHIVウィルスを調べていた科学者(人造ではないかということで)が川で変死体として発見されてる。http://www.asyura.com/sora/bd12/msg/489.html

確かにアフリカでのエイズ感染大量発生は、WHOが天然痘のワクチン接種で医師団を送った直後に始まっている。エボラも同じ、ワクチン接種で医師団が去った直後に蔓延、跡形もなく消えている。
中東戦争に行った多くのアメリカ帰還兵の異常な病状など、生物兵器説もうなずける。ワクチンがあるとしたら、軍の管理下なのでは?国にとって、社会にとって権威となりえる者は?黒人?ゲイ?

45.  おっさん  2005/12/29 23:45:28 [RES↓] [TOP↑]

あもんさん意見は?

昔はホモの病気だったぜ、ヒュ~ゥ

46.  匿名  2005/12/31 18:01:56 [RES↓] [TOP↑]

アフリカの鎌状赤血球症の人はマラリアに感染しにくいそうだ。
HIVにも関係が?

47.  匿名  2006/01/01 13:33:45 [RES↓] [TOP↑]

>>44

ときどき引用する人が居るね
中核派のサイトなのに

48.  匿名  2006/01/25 21:04:10 [RES↓] [TOP↑]

この表現型に関与する(可能性がある)染色体の部分が絞り込まれてきてるのね。都市伝説とかそうゆう類ではなく。22q12-13 HIV-1-exposed but uninfectedでググるとアブストが読める。

>>46
関係ないと思う。あれは鎌形の赤血球内では物理的に(狭いので)マラリア原虫が増殖しにくいっていう骨のある話。

PAGE TOP | HOME | CATEGORY:MEDICAL,NEWS

X51.ORG

CATEGORY

SEARCH

ARCHIVES


HOME | EARTH | ANIMA | ANAL | ENEMA | FILES | CONTACT | RSS

2003 - 2014©X51.ORG RIGHTS RESERVED.