X51.ORG : 地球人をイカせる異星人 - 宇宙からのエクスタシー
HOME > UFO > Article

地球人をイカせる異星人 - 宇宙からのエクスタシー

abductionsex.jpg【ThisisLocalLondon】英国在住の元婦人警官ステファニー・コーエンさん(42)によれば、現在、彼女はたびたび異星人とテレパシーでセックスを行っており、彼らから素晴らしいオーガズムをもらっているとのこと。彼女が交信を続ける異星人は人類をより進化させるために彼女と彼女のパートナーであるミシェル・ウィリアムス氏(57)を選んだのだという。コーエンさんによれば、現在彼女が接触しているという異星人はCircus D星と呼ばれる星からの訪問者で、人類とは既に古代エジプトからアステカ文明まで凡そ数千年に渡って交流を続けており、彼らは今、人類を精神世界と英知の最終段階へ導く用意が出来ているという。また、彼らの代表「リンダ」(地球名)は人間と交流する際には人間の形態に変容し、彼らが選んだ人間とのみ、テレパシーの形を用いて交信を続けている。そして彼女はパートナーのウィリアム氏を通してリンダと会話するのである。

「彼らがどうして私たちを選んだのかは私にも分からないわ。ただ、ひとつ言えるのは彼らは決して恐るべき存在ではないっていうことね。彼らは私たちの事をとても愛しているわ。彼らの意思と知性はそれを受け入れることの出来る者達だけに伝えられるらしいの。」

「例えば、誰でもセックスの時にオーガスムに達する事があると思うんだけど、あの恍惚が一体どこから来るのか私達は知らないでしょう。実は、オーガスムは彼らが地球に送ってくれるエネルギーなのよ。彼らは本当にただ私たちを助けたいだけなの。」コーエンさんは語った。

また彼らは既に数千年に及んで人類と交流を続けているため、ウィリアム・シェークスピアや、ディケンズ、イサンバード・ブルネル、ネルソン・マンデラやキリストとも交流を持っていたという。そして、今回、この元婦人警官コーエンさんと配管工を営むウィリアムス氏を選んだというのである。

またコーエンさんによれば、異星人は自らの再生産(つまり出産)の際に、一切の性的交渉を持たず、純粋に快感のみを得るという。そしてその快感は人間が感じることの出来るオーガズムの凡そ10倍の快感であると話している。彼女が明らかにした異星人にまつわる10の事実を以下にまとめる。

1.異星人はCircusDと呼ばれる青い星から来ており、地球からは明け方と深夜に見ることが出来る。

2.CircusDと地球の距離は凡そ150光年である。

3.彼らの議会は50対50の男女で構成されている。

4.異星人に体を許すべきである。

5.グレイのセックスは男女のエネルギーを混合することで行う。

6.妊娠期間は凡そ3ヶ月で、幼児のグレイは誕生後6週間で成体と同じように動き回る事ができる。

7.グレイは決してモノを食べないが、彼らの星で育っているハーブやスパイスのお茶とヨーグルトのようなものをを飲む。

8.彼らが人間の形態になるときは、胃以外の全ての器官は人間と異なる形になる。

9.彼らは既に数千年に及んで人類に来ているが、中には既に人類の一員として認識されているものもいる。

10.グレイはCircusD星のみにいる種である。


【参考】異星人とやってみよう!

2003.08.14

HOME > UFO > Article

X51.ORG

CATEGORY

SEARCH

ARCHIVES


HOME | EARTH | ANIMA | ANAL | ENEMA | FILES | CONTACT | RSS

2003 - 2014©X51.ORG RIGHTS RESERVED.