X51.ORG : Occult News for Nerds, Truth is Out There.
HOME > PHALLIC > Article

7歳の子供がスケベすぎて精神病院へ

【StraitsTimes】台湾に住む7歳の少年が、エロ中毒という事で専門家の治療を受けることになったとのこと。専門家によれば、少年がこのようにエロ中毒になった理由は、彼がまだ赤ちゃんの頃、面倒を見ていた祖父が、ものすごいエロビデオ好きであったためで、幼い頃から日常的にエロビデオが付けっ放し的な環境で育ったからであるという。「おじいちゃんは、きっと(エロビデオが)子供にはどうせ理解できないから平気だろうって思ってたんでしょうね」少年の母親リウさんはそう語っている。しかし、祖父のそうした思惑に反して、まだ幼いその少年はテレビの使い方を覚えるや否や、アニメ番組より何より、とにかくポルノ番組ばかりを探して見続けるようになってしまったのである。

少年が3歳になった時、リウさんはテレビで流れるポルノ映画を見ながらチンコをいじっている少年の姿を発見。激しいショックを受けたリウさんは思わず家出してしまったという。(また少年の父親は軍人で合ったため、ほとんど家にいなかった)その後リウさんは息子の行動を逐一観察するようになり、いくつかのエロ中毒の兆候を見つけたのである。

<兆候1>少年は巨乳の女性に抱っこされると異常に興奮し、臆面もなくひたすら胸を触り続ける。

<兆候2>幼稚園に入ると、先生のスカートをめくっては叱られ、お絵かきの時間には裸の女性を描き続けるなど、ハレンチ園児として名を馳せる。

<兆候3>いつも裸で寝ているる隣人の女性を何度も窓から覗き、挙句には彼女の下着を何度も盗む。リウさんは子供をひっぱたいて叱ったが決してやめようとはしなかった。

<兆候4>少年は、いよいよ母親が眠っている時を見計らって、母親の体を触り始めるようになる。

そして恐ろしくなったリウさんはついに息子をエロ中毒と見なして、専門家に治療を依頼することになったのである。 少年を担当する事になった精神病院の医師によれば、少年のこうした行動は、やはり幼少期に長期に渡ってエロビデオに晒され続けた結果に他ならないと分析している。

また、医師は、小さい子供はどんなものであれ確実に何らかの影響を受けるという事を大人が理解しなければならない、と話したという。

【COOL】トーリー・ボーイ:職人が作るオナニー禁止、強姦防止器具
【HOT】:貞操帯と純潔維持手法:貞操器具に関する膨大な資料と考察

【GOODJOB】自慰と射精の管理:射精管理に関するブリリアントなエッセイ

貴女は男性にとって自慰がどれほど重要であるかに関する、赤裸々な事実を知ったわけです。次は、男性達が自慰をしているときに、何を考えているかについて話しましょう。彼らは、ありとあらゆるものを夢想しながら、自分のお気に入りのセックスファンタジーワールドに入ります。私は、これをオナニー白昼夢と呼んでいます。ただし、彼に何を夢想しているのかを尋ねるのは無駄なことです、彼は「貴女のことだけ」と答えるでしょう。もちろん、彼の夢想は貴女を含むかなり良質(従順)なものでもありえます、それでも、その夢の中で貴女と貴女以外の女性が彼に対して行う、いやらしく汚らわしい行為の洪水に貴女は間違いなく驚くことでしょう。でも、彼が夢想している内容を知ることなどは重要ではないのです。重要なのは、自慰の際には全ての男性が、このようないやらしく汚らわしい夢想をしていること、そして、貴女の彼も決して例外ではありえないということです。

【関連】オナニーをやめてみよう! | やっぱりオナニーをしよう!

Posted by : X51 | 2003年07月28日 17:56
HOME > PHALLIC > Article
SEE ALSO

このページの先頭へ戻る ▲
HOME | EARTH | ANIMA | ANAL | ENEMA | FILES | CONTACT | RSS
2003 - 2010©X51 RIGHTS RESERVED.