X51.ORG : 脳性マヒの殺人鬼 -- 『おそいひと』主演・住田雅清インタビュー
HOME > ART > Article

脳性マヒの殺人鬼 -- 『おそいひと』主演・住田雅清インタビュー

sumita0.jpg昨年から今年にかけ、数多の海外映画祭で注目を浴びた映画『おそいひと』が、この度、ようやく国内で公開される運びとなったという。『おそいひと』は実際に脳性マヒを持つ重度の障害者・住田雅清が、本名と同じ役で「脳性マヒの連続殺人鬼」という難役に挑んだ作品である。2004年、東京の映画祭でプレミア上映されたが、「障害者に対する偏見や誤解を与える」、「差別を助長する」といった様々な批判が集中した。そして国内での配給が一向に決まらぬまま、作品は黙殺されるように、お蔵入りしたという。しかしそれ以後、同作品が海外の映画祭で話題を集めると、日本にも再び話題が飛び火、言わば逆輸入される形で、ついに国内の一般上映が開始されたのである。以下は『おそいひと』にて映画初主演(初出演)を果たした、俳優・住田雅清へのインタビューである(写真は映画『おそいひと』より)。

今回のインタビューはもともと新刊雑誌「Modern Freaks Vol.1(ワイレア出版)」誌上にて実施されたものである。現在、住田氏は作中の主人公同様、電動車椅子とトークエイド(キーボードを通じて音声を発する機器)を使って生活している。その為、インタビューは、住田氏とのファックスによる往復書簡という形で実現した。

映画出演へのきっかけ

sumita5.jpg
── 映画『おそいひと』で主演を務められた住田さんですが、普段はどのようなお仕事をなさってるんですか?(写真は映画『おそいひと』より)

住田 「阪神障害者解放センター」という障害者運動団体で働いています。

── 阪神障害者解放センターとはどのような活動を行ってる団体なんでしょうか。

住田 阪神障害者解放センターは、障害者の自立と差別からの解放を目指し、日夜活動している団体です。代表の福永さんを中心に仲間の障害者や支援者が協力して、平成元年に実質的に創立され、十九年、活動を続けています。今は、障害者の小規模作業所「きんとーん作業所」とヘルパー(介護者)派遣を行なう特定非営利法人「障害者生活支援センター遊び雲」の運営を行なっています。

 きんとーん作業所は障害者の社会参加と働く場として、簡単なアクセサリー作り、作業所併設の小さな喫茶店の経営、地域でのお祭りの時には出店をしたり、メンバーの絵画展などをやっています。私も花の写真展を一年前にしました。

 遊び雲はヘルパーを派遣し障害者の生活支援を行なっています。設立当初は障害者の家庭訪問をしていました。養護学校の同窓会名簿を手に一軒一軒と訪ね歩きました。そのときは親が三十歳とかの成人の障害者を抱え込んでいる姿を目の前にして、現実の厳しさに同行の職員と溜め息ばかりついていました。その体験をもとに行政との交渉をやり続け、今の障害者介護などの制度を作らせてきました。でも、障害者自立支援法によって、障害者がその制度を使いづらくしています。そのために、自立支援法の反対運動を今も継続しています。この十九年間、以上のような活動を続けています。四年前、C型肝炎になってから体力も衰え、あまり派手な活動はしていませんが、今も活動は続けています。

── 住田さんが映画『おそいひと』に出演されたのはどういった経緯だったんでしょうか?

住田 さきほど話した、きんとーん作業所に仲悟志さんという大阪芸術大学の卒業生が元職員としていて、彼から「大阪芸術大学出身で、映画を作ろうとしている男がいるから協力してくれないか」と言われたのが、映画出演のきっかけでした。

── 『おそいひと』では「障害者による連続殺人」という衝撃的な内容が描かれていますが、住田さんが初めてこのストーリーを聞かされたときの率直な感想を教えてください。

住田 撮影時は、まったくストーリーを知りませんでした。撮影するそのときそのとき、柴田監督がセリフや演技を指示するというやり方でした。

障害者の実像はそんなに美しくない

sumita4.jpg
── ではストーリーはいつ頃知ったんですか。(写真は映画『おそいひと』より)

住田 ストーリーを知ったのは、映画が完成して見せてくれたときでした。ストーリーについては、今までの障害者が出ている映画はドキュメンタリーも含めて、お涙ちょうだいか頑張る障害者像を描いている映画ばかりで、私はそういう描き方にすごく違和感と反発を感じていました。実際の障害者の実像はそんなに美しくないし、ドロドロしたものだから、連続殺人は極端かもしれませんが、障害者の中にも頑張らない者もいるし、大酒飲みもスケベエもいるし、詐欺師も泥棒もいます。そのことをこの映画は連続殺人という極端な表現で描いていると思います。

── ストーリーが分からないままでの演技は大変だったと思いますが、撮影中はどのような気持ちで演じられていたんでしょうか。

住田 私は柴田監督の実験台だと思っていました。たとえ、この作品が失敗してお蔵入りになってもいいと。柴田監督の大成への踏み台になればいいと腹を決めていました。だからストーリーがわからなくても、監督の指示をできるだけ忠実にやれるようにしていく、それだけを集中して動いていました。俳優として素人の私ができるのはそれだけです。

── 撮影中、不安や心配はありませんでしたか。

住田 ありません。監督を信頼して演じていました。彼の大成のために協力しているということを内心決めていましたからね。

── 住田さんの役は、まず住田さんと同様の障害を持ち、介護の女性に好意を抱き、拒否されたことをきっかけに、連続殺人鬼へ変貌するという難役でした。実際に演じてみた感想は?

住田 正直に言って、あまり気分のいいものではありませんでした。後味の悪い、変な気分になりました。実際に戦争などで人を殺す人たちのことを思うと、吐き気がしてきて、人を殺すことだけはしたくないと思いました。

自分の中のドロドロしたもの

── 撮影は住田さんのご自宅で行なわれたそうですが。

住田 自宅の一階の一部屋はまるでスタジオのようで、ケバケバしいカーテン、多くの時計、派手な飾り、そこら辺にフィギュアがところ狭しと置いてあって、普段は地味な部屋がまるでカーニバルのような感じでした。撮影するときはその部屋は撮影隊に占領されて、私は台所に行って小さくなって食事をしていました。一度、目をキラキラ輝かせた子どもたちが自宅にやってきて、監督やカメラマンに興味深く質問していたことが印象に残っています。

── 撮影時に苦労はなかったんでしょうか。

住田 冬で雨の中を撮影するんだもの。カメラマンとの出会いのシーン(劇中、住田氏が演じる殺人犯がカメラマンと出会う)。あのときも数時間かかりました。寒くて寒くて死にそうだった。また、夜から夜中の四時まで、大阪の埠頭の倉庫の中での撮影。しかもそれが三回くらいあったかなぁ......。翌日、仕事もあるし、眠たいし、このときだけは「助けてくれ!」と叫びたかった。でもそのときも文句は言わなかった。撮影は重労働でした。冗談で「ギャラ一千万円くらい欲しいよ」と言いました。もちろんノーギャラでやりました。

── 『おそいひと』にご出演される以前に、映画もしくは舞台などへの出演経験はあるんでしょうか。

住田 大阪にある障害者だけの劇団「態変」でエキストラとして三回出演しました。

── 映画に出演されるにあたって、演技の参考にした人物やキャラクター、もしくは映画などはありますか。

住田 特にありません。自分の中のドロドロしたものを引き出したオリジナルです。あとは監督の指示通りに演じただけです。

お涙ちょうだいや頑張る障害者を描くのは嫌

sumita2.jpg
── 柴田監督が演出される際、住田さんから演技について提案されたり、アイディアを出されたりしたこともあったんですか。(写真は映画『おそいひと』より)

住田 演出に関しては口出しをしませんでした。でも、あくまで障害者としてどのような映画を創ってほしいかという希望は話しました。お涙ちょうだいや頑張る障害者を描くのは嫌だとか、あまり殺人だけを強調して中身のない映画ならやめてくれとか、本当の障害者像に近い映画にしてほしいとか、無理難題を話しました。

── 柴田監督の演出はいかがでしたか。

住田 すごくこだわりを感じました。例えば、川の土手を電動車椅子とカメラが並びながら走るシーン。三秒ほどのシーンですが、撮影は夜の八時から夜中の二時までかかりました。そのようなことが何回もありました。本当のプロ根性を見た思いがしました。将来はすごい監督になる人だと思います。

── 完成した作品をご覧になっていかがでしたか。

住田 まず、カメラワークの素晴らしさに感動しました。でもストーリーとしては腰が抜けるほど驚きました。この映画が世の中に出たら、大問題になるかもしれない。そうなればどうしようと思いました。しかし、これほどのインパクトがある映画ならば、支持する人も多くいるかもしれない。それに前半は障害者と健常者の人間的な関係もちゃんと描けているし、私の演技は別として、優れた映画であり、映画史上に残る映画ではないかなぁと思いました。

総理大臣や厚生労働大臣に見てもらいたい

osoihito9.jpg── 『おそいひと』は海外十四カ国、十七の映画祭で上映されたと聞いています。住田さんご自身もオランダ・ロッテルダム映画祭へ参加されたそうですが、海外の映画ファンの反応はいかがでしたか。

住田 ロッテルダム映画祭では、上映されたホールがほぼ満席で、誰も途中退席せずに最後まで観てくれたから、ちゃんとした映画として認めてくれていると感じました。また、韓国の映画祭を主催したスタッフが来日されたとき、私に「感動しました。大変素晴らしい演技でした」と言われてサインを求められました。海外では高い評価を得ていると聞いています。

── 仕事の同僚の方や介護者の方は今作をどのように評価されていますか。

住田 全体的に、前半は私のありのままの姿が出ていて、後半は演じていて怖い感じが出ていたという感想でした。ある介護者は「女子学生と私が電動車椅子で遊んでいるシーンを観ていたら、胸がキュンとなって切なくなった」と言われました。悲恋や失恋ばかり繰り返している私をダブらせて、そう思ったのでしょう。一方で「前半と後半の必然性がない」という批判もありました。それでもカメラワークのよさに関しては共通していました。

── それでは最後に、今回の映画をどのような人に観てもらいたいと思いますか。

住田 まずは、収容施設にいる障害者。施設から外に出て自立生活したら、こんな面白いことができるんだよ、ということを知らせてあげたい。

 それと、障害者とまったく関係がないところにいる人たちにも観てもらいたい。そして総理大臣・厚生労働大臣・国会議員・国の官僚などにも見てもらいたい。同席して、一緒に映画を観て、最後にニッコリ微笑みながら「お帰りの際は気をつけてください。障害者を怒らせたら怖いですよ」と言いたいね。

住田雅清(Masakiyo Sumida) プロフィール

osoihito10.jpg昭和32年4月11日生まれ。兵庫県西宮市出身。趣味=花や自然の写真の撮影・読書。西宮市に拠点を置く「阪神障害者解放センター」事務局長、NPO法人・障害者生活支援センター「遊び雲」副代表を兼任するかたわら、障害者だけの劇団「態変」のエキストラとして過去4回の公演に出演。12月より公開の映画『おそいひと』の主演俳優。

- 住田雅清公式サイト『スミダーのページ』

映画『おそいひと』(2004年/日本)

■監督 柴田剛 出演 住田雅清、堀田直蔵、とりいまり他
■公式ホームページ  - 映画『おそいひと』公式サイト
■東京「ポレポレ東中野」(tel.03-3371-0088)にてレイトショー公開中。

■【ストーリー】重度の障害者である住田(住田雅清)は介護者のサポートを受けて一人暮らしをしている。住田の理解者でもあるバンドマンのタケ(堀田直蔵)とつるみながら、平穏な日々を過ごしていた。  ある日、住田のもとに大学の卒業論文のために介護を経験したいという敦子(とりいまり)が現われる。そんな経験は何度もしているはずの住田の中で、自身にも整理しきれない違和がうごめき始める。そして、住田はある一つの決心をするのだが......すべては血塗られた結末へと加速度的に収束されていく。

■【住田・舞台挨拶より】「障害者が殺人鬼として登場するから、障害者差別を助長する」と感じる方たちもおられるでしょう。日本の映画で今まで殺人を扱った作品は無数にあると思います。この「おそいひと」はその一つに過ぎません。障害者というだけで、過激な表現が暗黙の了解のもとに制約されてきた日本映画界において、障害者が常軌を逸した人物として登場するこの映画は、強いメッセージを持ち、且つ優れた文化作品だと誇りを持って言えます。」

■【トレイラー】


asahi.com:「問題作」映画、主演は障害者 殺人犯役、海外で高評価

『Modern Freaks Vol.1』

MODERN FREAKSなお今回の記事は先月末に発売された新刊誌『Modern Freaks』誌上にて企画、掲載されたものです。『Modern Freaks』誌では、他に日本唯一の小人マジシャンであるマメ山田氏へのインタビュー、身体改造アーティストの施術現場ルポなどを寄稿させて頂きました。全国書店にて発売中です。

2007年11月29日(木)発売
価格=2,400円(本体2,286円+税)
発行=ワイレア出版

ー 現代を紡ぐ神話!超人間力雑誌、創刊! Modern Freaks
ー Amazon.co.jp : Modern Freaks ―命懸けの人間力雑誌 (1)


【参考】X51.ANIMA : グラディ・スタイラス・ジュニア
※米国の著名なサイドショー出演者。少年を殺害したが、身体障害を理由に刑務所への収監を免れた。その後も家庭内暴力を繰り返し、最後は妻らに殺害された。

【関連】X51.ORG : 精神病院から生放送、患者達によるラジオ番組が大人気 アルゼンチン
- X51.ORG : 九千冊の本を暗記する男 ― サヴァン症候群とは
- X51.ORG : 数学的計算による世界最高のホラー映画は「シャイニング」
- X51.ORG : 死ぬ程怖い映画を見て死亡 インド
- X51.ORG : 情況の囚人 ― 1971年"スタンフォード監獄実験"とは

2007.12.20

HOME > ART > Article

X51.ORG

CATEGORY

SEARCH

ARCHIVES


;
HOME | EARTH | ANIMA | ANAL | ENEMA | FILES | CONTACT | RSS

2003 - 2014©X51.ORG RIGHTS RESERVED.